10-12 November 2020
Asia/Tokyo timezone
新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、オンライン開催とします。

Overview

★開催日程

11月10日(火)~11月12日(木) [講演者数に応じて日程が変更する可能性があります]

★開催趣旨

本研究会は、観測的宇宙論を中心に関連するテーマ(宇宙物理学、重力理論、重力波、素粒子物理学)にわたる理論と観測の進展を議論し、参加者間の交流を通して新しい研究を生み出すことを目的とします。日本国内では、すばる望遠鏡による広域観測プロジェクト(HSC,PFS)や宇宙背景輻射の偏光観測プロジェクト(POLARBEAR,LiteBIRD)、さらに大型電波干渉計による観測プロジェクト(SKA)など、観測的宇宙論に関する課題を主目的とした大型観測プロジェクトが進行中です。豊富な観測データに裏打ちされた定量的解析により、暗黒物質、暗黒エネルギー、ニュートリノ、インフレーションなどの性質がかつてない高い精度で明らかになりつつあります。また、銀河中心ブラックホールやJASMINE計画による銀河系バルジの観測も進んでおり、暗黒物質や重力に関する新たな知見が得られることが期待できます。特定のプロジェクトや理論・観測の枠に縛られることなく研究者の興味・関心に基づく研究について講演して頂き、広く意見交換することで、新たなアイデアに基づく研究や観測計画へのフィードバックが生まれることを期待します。招待講演者の方には専門分野の進展や未解決問題、将来的な観測プロジェクトについての講演をしていただき、一般講演者には目一杯ご自身の研究の話をしていただく予定です。大学院生を含む若手研究者の積極的な参加を期待しています。

★参加登録、講演申込

こちらからお願いします。講演申込の締め切りは10月26日(月)になります。参加のみの場合は11月5日(木)までに登録をお済ませください。

★招待講演者 (敬称略)

秋津 一之 (カブリIPMU)

斉田 浩見 (大同大学)

砂山 朋美 (名古屋大学)

馬場 淳一 (国立天文台)

藤田 智弘 (宇宙線研究所)

柳 哲文 (名古屋大学)

★研究会世話人

大栗真宗、高田昌広、高橋智、樽家篤史、浜名崇、日影千秋

★問い合わせ

obscosmo2020"at"ipmu.jp ("at"は@)

★過去のワークショップ

第8回 (2019) 東北大学

第7回 (2018) 山口大学

第6回 (2017) 弘前大学

第5回 (2016) 広島大学

第4回 (2015) 京都大学

第3回 (2014) 名古屋大学

第2回 (2013) 国立天文台

第1回 (2012) 東京大学

 

Your browser is out of date!

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×